善い展覧会

なにかしら書きます

Rainの考察

君の名は。」に触発されて新海作品をもっと観たい!って気持ちを胸に、TUTAYAに向かった所見事に新海作品が全て借りられていた。残念すぎる。

ところで、「言の葉の庭」のエンディング曲になっているRain。歌詞の考察をば。

 

 

言葉にできず凍えたままで 人前ではやさしく生きていた

しわよせで こんな風に雑に 雨のようにきみを抱きしめてた

 

道路脇のビラと壊れた常夜灯 街角ではそうだれもが急いでた

きみじゃない 悪いのは自分の激しさを かくせない僕の方さ

 

Lady きみは雨にけむる

すいた駅を少し走った

 

土砂降りでもかまわないと

ずぶぬれでもかまわないと

しぶきあげる君が消えてく

路地裏では朝が早いから

今のうちに君をつかまえ

行かないで 行かないで

そう言うよ

 

 

別々に暮らす 泣き出しそうな空をにぎりしめる強さは今はもうない

変わらずいる心のすみだけで傷つくような 君ならもういらない

 

Lady 君は雨にぬれて

僕の目を少し見ていた

 

土砂降りでもかまわないと

ずぶぬれでもかまわないと

 

口笛吹く僕がついてく

ずいぶん君を知りすぎたのに

初めて争った夜のように

行かないで 行かないで

そう言うよ

 

肩が乾いたシャツ 改札を出る頃

きみの街じゃもう雨は小降りになる

今日だけが明日に続いてる

こんなふうに 君とは終われない

 

Lady 君は今もこうして

小さめの傘もささずに

夏休み最終日

秋分の日である。夏休みの最終日だ。

 

およそ2ヶ月というあまりにも長い夏休みは大学生ならではのものである。といってもバイトしたり遊んでばっかりだったな。

 

僕は今大学4年生で、大学院に進学予定ってことを考えると、これからは研究や就活で忙しくなるはず。そう考えたら、この夏は遊んでばっかで正解だなんて思ったりして。

 

今は、遊びすぎた後特有の何かしなければいけない焦燥感に駆られている状態だ。

 

とりあえず、TOEICの勉強始めた。年末に受験しよう。せめて履歴書に書けるぐらいのスコアが欲しい。

傷物語Ⅱ感想

先週は「君の名は。」を観てきたのだが、今週は「傷物語Ⅱ」を観てきた。

 

端的に感想を述べると、「傷物語」は小説の方が10000倍おもしろい。

 

個人的にはまあまあ楽しめたのだが、約70分の上映時間はやはり短すぎる。物語シリーズへの愛がないと観よう!って人はなかなかいないんじゃないか?

 

僕はすでに小説の「傷物語」を読んでいたおかげで各シーンに納得がいった。しかし、逆に「傷物語」を読んでいない人にとっては何が何だかさっぱりなのではないだろうか。

 

とは言ってもまだ肝心なⅢの上映がまだだからこの傷物語の感想を述べるのは早計かもしれない。あー、次はいつ上映なんだろう。

 

傷物語Ⅱまとめ

良かった所

  • 羽川

 

悪かった所

  • 説明が不足
  • 内容が薄い
  • 仕込みネタが少ない

 

まとめ

小説版を読め

ブログ運営

ただ呟くだけではもったいない感じがして、ブログでなんらかのものを残したいというのがこのブログの動機。

 

以前はtumblrなるものに於いて撮った写真を暴力的に載せてたんだけど、文章やら何やらを載せるにしては使い勝手がイマイチだったからそのままはてブに引っ越してきた。とはいってもtumblrであげてたものがインターネットの深淵に消えるのは名残惜しすぎるのでとりあえず持ってきた。(画質が大幅ダウンしたが仕方がない...)

 

ドメイン取得したり、広告消したり結構本格的に準備したからせめて三日坊主にならないことを目標に。

カラチ

f:id:gstbst:20160910033740j:plain

カラチっていう白パン。コロムナのパン博物館でいただいた。市販のパンは黒パンばっかでそればっかり食べてたから白パンが懐かしく思えた。しかも焼きたてで美味しかった。製法の講演も聴いたんだけど、意外なのはホップを用いてるっていうことだった。っていうかこれ、ピントがパンじゃなくて紅茶に合ってますね…