善い展覧会

なにかしら書きます

Rainの考察

君の名は。」に触発されて新海作品をもっと観たい!って気持ちを胸に、TUTAYAに向かった所見事に新海作品が全て借りられていた。残念すぎる。

ところで、「言の葉の庭」のエンディング曲になっているRain。歌詞の考察をば。

 

 

言葉にできず凍えたままで 人前ではやさしく生きていた

しわよせで こんな風に雑に 雨のようにきみを抱きしめてた

 

道路脇のビラと壊れた常夜灯 街角ではそうだれもが急いでた

きみじゃない 悪いのは自分の激しさを かくせない僕の方さ

 

Lady きみは雨にけむる

すいた駅を少し走った

 

土砂降りでもかまわないと

ずぶぬれでもかまわないと

しぶきあげる君が消えてく

路地裏では朝が早いから

今のうちに君をつかまえ

行かないで 行かないで

そう言うよ

 

 

別々に暮らす 泣き出しそうな空をにぎりしめる強さは今はもうない

変わらずいる心のすみだけで傷つくような 君ならもういらない

 

Lady 君は雨にぬれて

僕の目を少し見ていた

 

土砂降りでもかまわないと

ずぶぬれでもかまわないと

 

口笛吹く僕がついてく

ずいぶん君を知りすぎたのに

初めて争った夜のように

行かないで 行かないで

そう言うよ

 

肩が乾いたシャツ 改札を出る頃

きみの街じゃもう雨は小降りになる

今日だけが明日に続いてる

こんなふうに 君とは終われない

 

Lady 君は今もこうして

小さめの傘もささずに